アパート建築費を上手に浮かすには

アパート建築費を業者に見積り

さて、木造のアパートの場合にはどのくらいの坪単価で建てることが出来るのかを、私は建てる前にネット等で調査しました。
その結果、工務店によって坪単価が全く違うことに気づきました。
同じ木造の同じようなアパートを建てる場合であっても、ある業者では坪単価40万円ほどで建てられるのに、他の業者では坪単価が45万円位など、業者によってまちまちなのです。
ここで大切になることは、すぐに建設業者を決めるのは良くないということです。
必ず面倒であっても複数の業者に相見積もりを依頼することを忘れないようにしたいものです。
相見積もりを取ると業者によって坪単価、つまり建築費用が全く違うことに驚かされます。
2階建て8世帯の単身者用のアパートであれば、3000万円程度で建てられる業者がほとんどですが、3階建て12世帯になると5000万円程度になることもあります。
ですが、それは木造で建てた私の場合の話であって、重量鉄骨や鉄筋コンクリートで建てたとなると、さらに坪単価がアップします。
木造の場合には減価償却年数は22年と決まっています。
重量鉄骨は34年で、鉄筋コンクリートとなると47年になり、鉄筋が一番長持ちしそうな気がします。

アパート建築で気を付ける事 | アパート建築費を業者に見積り | なるべくコストを抑えてアパート建築できた

アパート建築費アパート建設費用の目安