アパート建築費を上手に浮かすには

なるべくコストを抑えてアパート建築できた

アパート建築で気を付ける事 | アパート建築費を業者に見積り | なるべくコストを抑えてアパート建築できた

ただし2階建てや3階建ての比較的小さな物件であれば、木造で十分ではないかと思い、木造で建てる決意をしました。
木造だからと言って長持ちしないわけではありません。
それに、規模の大きな例えば5階建てのマンションのような物件をつくるとなると、鉄骨やコンクリート造りになります。
それはそれでよいのですが、5階建てくらいになると、物件にエレベータなどを設置しなくてはならなくなります。
たしかにエレベータがあれば、住民にとって便利でよいのですが、オーナーにしてみると少し厄介なことがあります。
それはエレベータは定期点検も必要で、その検査などに費用が掛かるということが分かったのです。
ならば3階建てくらいにして、エレベータはつけないほうが良いなと判断するに至りました。
5階建てのような大きな建物を建てれば、その分家賃収入も増えますのでそのようなメリットはありますが、その分点検や修繕で出ていくお金も大きいのも事実ではないでしょうか。
それを考えたら、物件は小さくて良いから費用の掛からない3階建てがよいと思いそれに決めました。
ちなみに私が作ったアパートは6000万円程度の建設費用で済ますことが出来ました。
土地代が掛からないというのも決め手になり、思い切って建てることにして、今日にいたります。
建設費用をけちるとあとあと後悔する部分もあるので、使うところは使って、節約する部分は節約するという考え方がよいと思います。